スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉MAPγ.2

沼館温泉の料金修正。300円→250円でした。修正します。
間違いを見つけたら、その都度修正していきます。
906.jpg
スポンサーサイト

これから探す温泉

今日は、日帰り温泉をやってそうな大滝エリアに、かたっぱしから電話連絡しました。
調査の結果は、

☓:ホテル仙波(基本的に日帰りは受付していない)
☓:大滝ホテル(やっていない)
☓:リトル大滝温泉(やっていない)
☓:滝の湯旅館(やっているが、要予約)
☓:千歳ホテル(デイサービス等の利用があるため、基本的には遠慮。)
◯:富士屋ホテル(お待ちしております)

ということでした。
各旅館とも丁寧な電話対応で、なんだかこっちが申し訳ない気持ちになりました。

旅館について(日帰り除外)

いまさらですが、茶虎ひよの、日帰り温泉の定義について、
◯ふらっと来る、ふらっと入ることが出来ること。
◯誰もが楽しめること。
◯予約制じゃないこと。

としてます。

よって、温泉旅館(宿泊を前提とした)については、旅館の方より
ブログ掲載OKが取れればUPすることにしてます。

堅苦しいですが、ちゃんとした理由があるのです。
宿泊客と日帰り客の共通浴場であれば、旅館としては、宿泊客が
優先となります。また、従業員の少ない旅館だと、対応しきれなく
なって、日帰りのお客さんにも迷惑をかけてしまいます。

 私のブログでは、訪問者がほとんどいませんが(笑)、
この辺のポリシーはきっちりと固めています。

 なので、みんなが楽しめるように、ブログを作っていきますので、
これからもよろしくお願いします。

温泉MAPγ

別所温泉・中野温泉を追加。
かなり窮屈になってきました。
現在全22箇所のupとなりました。
905.jpg

またまた温泉追加

別所温泉及び中野温泉の2温泉追加です。
今度は温泉MAPに追加しなきゃなぁ。
161.jpg

中野温泉

噂をたよりに、中野温泉に行ってきました。旧比内町の中野地区にあるのですが、
 ここは、迷った。迷いに迷い、幾人かに道を尋ねて、なんとかして辿りつきました。
多分、大館市に住んでいる人ですら、あまり知らないんじゃないかと思いました。
私個人的な感想ですが、ある意味「秘湯」です。
157.jpeg
だって、中野温泉ってどこにも名前が無いのと、正式名称ですら、ほとんど誰も知らないんです。
独鈷という集落に、中野温泉とかすかに描かれた古ぼけた看板を見つけた時は、感動すら覚えました。
ちなみに、地元の人ならわかると思いますが、私、あさっての方向にいたってことです。
 さて、温泉ですが、カルナト硫酸塩泉で、特徴的なものは源泉温度が低いということです。
ただし、加温してますので、温泉自体はけっこう熱目で、サッパリとした温泉でした。
なお、ここも金額100円で、シャワー付きで、嬉しかったです。湯船が大きなバスタブといった形で、大人3人がやっとの大きさでした。ここでは、お客さんと沢山会話しました。地元以外の人間がくることが珍しいらしく、ここまでの道のりをしゃべったら、「アホ」呼ばわりされましたが、とても楽しく有意義な時間でした。
なお、ここ周辺の風景は素晴らしく、今度ゆっくり見に来たいと思うほどキレイなところでした。
そうだ、言い忘れましたが、ここの温泉名称は、地元の人が言うように、やはり「中野温泉」とすることにしました。
158.jpeg
159.jpeg
160.jpeg

鶴癒の足湯

今のは足湯?と、車で通り過ぎた後に気づき、戻って確かめたら、足湯でした。
ここは、大滝温泉郷の中心地の道路沿いの、神社境内の中にあります。駐車スペースが4台ほどあります。
屋根付きで、新しく、清掃も行き届いております。よくみると、各温泉旅館が持ち回りで掃除している看板があり、素晴らしいと思いました。大人6人が座れるようになっており、入り心地も、大滝温泉特有の源泉の熱さが、足湯にはちょうどいいと感じました。冬に雪を見ながら入るは、贅沢だろうなぁと思いました。そして、神社境内にありますので、雰囲気もあって落ち着きます。
ここは、自分だけの秘密にしたいほど、いいところだと思いました。
154.jpeg
155.jpeg
156.jpeg

別所温泉

 別所温泉に行ってきました。噂をたよりに大館市十二所より更に東に進んだ、集落にひっそりとありました。
駐車スペースが3台ほどあり、集落の方専用のオーラを放っていました。
150.jpeg
中に入ると、「集落以外の方は100円」とまるで路上野菜販売のようなケースがあり、無論、番台さんもいない状態です。勝手がわからず、ドキドキしながら、お金を入れました。初めて入ったファーストフード店のような気持ちです。
 入浴客が4人ほどおり、誰だコイツと思われる前に、こんちは~、と先手を打ったところ、「おう」「こんにちは」と和やかな雰囲気でホッとしました。温泉は3人が入れるほどの小さなお風呂が1つあり、なんとシャワーが4台設置されており、100円風呂でシャワー付きと、小さなところに感動しました。
 泉質は、カルナト硫酸塩で、サッパリとした温泉でした。お客さんに聞きましたが、10年ほどまえからある温泉だそうです。他にも色々聞きたかったのですが、周りのお客さんに迷惑だなと思い、純粋に温泉を楽しむことにしました。
151.jpeg
152.jpeg
153.jpeg

これから探す温泉その3

更に2つあるようだ。
中野と別所地区にそれぞれあるようで、調査が必要。
ゴールが見えていたかと思ったが、まだ、先は長いようだ・・・。

温泉MAPβ

温泉追加により、最新版としました。
先にも書きましたが、本紙A3版で作成しておりますが、ファイルサイズの関係で、A4サイズとなってます。

901.jpg

これから探す温泉(その2)

◯ひないの湯:済
◯北部老人福祉総合センター:済
◯アネックスロイヤルホテル:☓
日帰り利用はできないと、電話確認。丁寧な応対だった。
◯滝の湯旅館、三福旅館、富士屋ホテル、大滝ホテル、一陽旅館:今後調査

現状整理してみた。

温泉追加

秋田県北部老人福祉総合エリアを追加。まめにやっとかないと忘れるので。

148.jpg

秋田県北部老人福祉総合エリア

 秋田県北部老人福祉総合エリアは、大滝温泉西側にある施設だ。
老人ホームとばかり思っていたので敬遠していたのだが、入ってみると複合施設であり、
宿泊施設、映画上映、屋内体育館、売店等様々な施設のあるキレイなところだった。
温泉がうんぬんとかいってる場合じゃなく、テンションが上がった。
 さて、泉質はナトカル塩化硫酸塩泉で、さっぱりとした温泉であった。なお、加水・加温・循環であるため、温泉を利用しているといった感じである。しかし、浴室はキレイで、サウナ(6人程度)もあり、一番嬉しかったのは「寝湯」があること。贅沢です。
 写真が足りなくて申し訳ないですが、見所たくさんで楽しいところなのでみなさん一度は寄って見て下さい。
145.jpeg
146.jpeg

杣温泉

お隣の北秋田市(森吉)に位置する、杣(そま)温泉に行ってきました。
森吉山荘の、裏手にひっそりとある温泉です。
泉質は、ナトカル塩化硫酸塩で、さっぱりとした温泉です。源泉温度が高く、掛け流しですので、熱目の温泉でした。
141.jpeg
写真に写っているのは、足湯と露天風呂です。足湯は、御覧のとおりガケにありますが、清流の流れを直下で見下ろすことができ、楽しいです。
142.jpeg
露天風呂は離れになっており、混浴ですので注意を。自然の中にいる開放感ばっちりです。
143.jpeg
144.jpeg

温泉MAPα

温泉MAPを作成した。
1枚の紙にまとめると、わかりやすい。
ブログのファイルサイズの関係で圧縮しているが、A3サイズで、2つ折りにして持ち運べるように原稿は作成してる。反響あればいいなと思ってる。(まずないだろうな・・。)
 なお、全て手作りなので、欲しい方はご自由に。

α

比内のゆ 追加

比内の湯を追加。そんだけです。
139.jpg

ひないの湯

ひない温泉は、扇田駅近くにある温泉。国道から離れており、小さな温泉を想像していたので、場所がわからず、迷いながらたどり着き、驚いたのが、大きく、新しい温泉であったことです。
130.jpeg
温泉成分はナト・カル硫酸塩・塩化物泉であり、無味無臭のさっぱりとした温泉でした。脱衣所にはベビーベットがあり心遣いを感じます。お風呂は、全面木張りで、雰囲気があります。そして、湯船が3つあり、それぞれ温度が41、42、43℃とわかれており、どういった需要で分けたのかは謎です。サウナもあり、若干狭いのですが、悪くないと感じました。ここの温泉の気に入ったところは、湯船から見える日本庭園です。大きな窓から、庭にうまく勾配をつけてあること、手が行き届いていることから、迫力のある情景が楽しめます。
131.jpeg
132.jpeg
133.jpeg
134.jpeg
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。